Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

Unity無料ではじめるBlender CGイラストテクニックの評価
データ更新日:2020-10-01

Unity分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位20
総合点2
Qiitaの記事での点数1
twitterでの点数1

基本情報

内容「Blender」は多機能なため、初心者は目的がしっかりなければ扱い方を身に付けることができません。本書は、1冊を通してひとつの成果物を作り込むのではなく、章ごとにポイントを絞ってCGを制作していくことによって、基礎から応用まで使用頻度の高いツールを使いこなすテクニックを充実させました。ツールの組み合わせやCG制作において大切な考え方のヒントもさまざま紹介しているので、応用したいとき、困ったとき、行き詰まったときにもきっと役立ちます。無料ではじめたいCG制作初心者や、ある程度Blenderを使用しているけど「UV」「テクスチャ」「カメラ設定」など細かな各種機能の活かし方がわからない中級者の方にオススメです。
目次Blenderの基本-3DCGをはじめよう プリミティブモデリング-図形を組み合わせよう ポリゴンモデリング1-プリミティブに"ちょい加工"で作れるものをさらに広げよう! ポリゴンモデリング2-もっと広がる編集モード! ポリゴンモデリング3-編集モードの細かなアイデアとテクニック カーブの基本モデリング-編集しやすい曲線で作る! カーブの応用モデリング-カーブとカーブの組み合わせでもっと広がる表現力 スカルプトモデリング-粘土のように彫刻を作ろう オブジェクトを増やす-配列複製とパーティクル モデルの作り方を考える-イメージを形にするヒント リアルな質感を出す!マテリアル-マテリアルノードを使いこなそう 手触りを伝えるテクスチャ-さまざまな質感を表現しよう ライティングの工夫-空間を演出しよう カメラの設定-絵の構図を決めよう 作品を作る流れ-ポストカードを作ろう
著者大澤龍一
出版日2016-08-25
ページ数279
出版社技術評論社

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
[Unity]Unity,Blenderでオリジナルコンテンツを作りたい場合の入門書紹介8