Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

Swift本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 10.x対応の評価
データ更新日:2020-11-22

Swift分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位12
総合点3
Googleの検索結果での点数2
twitterでの点数1

基本情報

内容現場のプロがアプリ開発に大切な基本を解説 ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 圧倒的に多数のユーザーが利用するヤフーのアプリ開発をリードするエンジニアが、ユーザーにとって使いやすいアプリを作るための基本を丁寧に解説していきます。 ユーザーに使い続けてもらえるアプリにするには、ユーザーインタフェースやデータ保存、通信など、アプリの基本的な機能をしっかりと作っておく必要があります。本書では多くの機能の実装方法だけを解説するのではなく、実際にユーザーに使ってもらえるアプリ開発を続けている著者が、日々の活動で得られた、本当に使いやすいアプリを作る考え方と基本テクニックを、サンプルアプリを通してしっかり解説しています。 Swiftの基本的な文法と、iOS 12に対応したXcode 10の導入から開発手順まで、アプリ作りの流れがすべてわかります。 これからアプリ開発の現場に入っていく人や、はじめてだけど本気でアプリ作りをしたい人に向けて、開発現場のノウハウを本気で公開した書籍です。
目次Chapter1 アプリ開発の準備 1-1 iOSアプリを取り巻く現状 1-2 アプリを作りはじめるには 1-3 Xcodeのセットアップ 1-4 Xcodeの概要 1-5 シミュレータの使い方 1-6 実機を接続してテストする Chapter2 Swiftプログラミングの基本 2-1 SwiftとPlaygroundについて 2-2 Swiftコードの書き方:型と関数 2-3 Swiftコードの書き方:クラスと構造体 2-4 Swiftコードの書き方:各種構文 2-5 Xcodeでプログラムの入力をしてみる Chapter3 iOSにはどんな部品があるか 3-1 iOSアプリの画面の構成 3-2 iOSの部品の種類 Chapter4 アプリの基本をマスターしよう 4-1 アプリの仕様と部品の配置 4-2 処理を実装する 4-3 計算結果画面のレイアウトと実装 4-4 画面遷移の関連付けとパラメータの受け渡し 4-5 Auto Layoutを使う Chapter5 永続的なデータを扱う 5-1 データ保存と永続性 5-2 シンプルな値の保存処理 5-3 独自クラスの値を保存できる処理 5-4 ToDoリストアプリの基本動作を作る 5-5 データの保存機能やチェック機能を追加する Chapter6 サウンドとアニメーションの処理 6-1 サウンドとバイブレーションを扱う 6-2 アニメーションを再生する 6-3 クイズアプリのUIを作る 6-4 クイズアプリのプログラムの実装 Chapter7 通信できるアプリを作ろう 7-1 通信できるアプリを作るには 7-2 Web APIの準備 7-3 商品検索アプリのレイアウトを行う 7-4 商品検索アプリのプログラムの実装 Chapter8 アプリの公開に向けて 8-1 アプリアイコンの作成方法 8-2 アプリを世界中の人に届ける
著者西磨翁
出版日2018-11-21
ページ数432
出版社SBクリエイティブ

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
81
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

この本に関するツイートの直近データ

お気に入り総数0
リツイート総数0
※ぬこぷろでは本に関する直近のツイートを1つ1つ分析して、お気に入りやリツイートの総数を算出しています。