Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

ReactReact開発 現場の教科書の評価
データ更新日:2020-11-21

React分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位7
総合点7
Googleの検索結果での点数6
twitterでの点数1

基本情報

内容Atomic DesignによるモダンUIコンポーネント開発。
目次Chapter 1 Web開発の動向 1 現在の課題とその背景    1 Webフロントエンドを取り巻く環境    2 デザイナーとエンジニア    3 開発現場の悩み    4 フロントエンジニアの理想像 2 開発者が考えるべきこと    1 ブラウザ実装    2 HTMLとCSS    3 CSSが抱える問題 3 設計の必要性    1 今までのWebフロントエンドコード    2 コードは生き物 Chapter 2 Reactの基本 1 Reactの概略    1 Reactの特徴    2 React推奨の理由 2 基本構文と実行環境    1 ECMAScript    2 開発環境の準備    3 オンラインエディタCodeSandbox 3 JSX    1 JSXとは    2 Babel 4 Reactの記述方法    1 Components    2 render    3 Functional Components    4 Props    5 State    6 イベント    7 key 5 ライフサイクル    1 Reactにおけるライフサイクル    2 処理の流れ    3 Functional Componentsのライフサイクル    [コラム]Babel 7へのアップデート Chapter 3 Atomic Design 1 Atomic Designとは    1 Atomic Designの基本概念    2 Atoms    3 Molecules    4 Organisms    5 Templates    6 Pages 2 メリット    1 デザインシステム    2 開発におけるデザインの基準 3 コンポーネント開発のUIデザイン    1 スタイリング    2 レイアウト    3 トーン&マナー 4 Reactとの相性    1 肥大化しないコンポーネント    2 拡張性    [コラム]Fragments Chapter 4 ソースコードのビルド89 1 ビルドする理由    1 Node.js    2 人間がやるべきこと・機械にやらせること    3 開発環境の拡張性 2 webpack    1 webpackの基本    2 webpackのセットアップ    3 webpack.config.js    4 ローダー    5 プラグイン 3 webpack-dev-server    1 基本的な使い方    2 Hot Module Replacement Chapter 5 コンポーネントの実装 1 ベストプラクティス    1 PresentationalとContainer    2 データの反映    3 Local State 2 コンポーネントレベル    1 Atomic Designとの照合    2 Molecules・OrganismsとTemplates・Pages    3 実運用と妥協点 3 プロジェクト構成    1 コンポーネントディレクトリ    2 UIライブラリの活用 4 サーバーサイドレンダリング    1 サーバーサイドレンダリングとは    2 Reactでのサーバーサイドレンダリングの実践 Chapter 6 CSSの実装 1 コンポーネント化とCSS    1 従来のアプローチ    2 解決すべき課題 2 CSS in JS    1 CSS in JSの基本概念    2 CSS modules    3 styled-components    4 styled-jsx 3 CSSの分離    1 依存性の分離    2 ローカルスコープの実現    3 PostCSS    [コラム]Portals Chapter 7 ロジックの実装 1 コンポーネントの状態管理    1 フロントエンドが持つ状態とは    2 従来の状態管理とFlux 2 Reduxの基本    1 基本概念と3原則    2 実装    3 データフロー 3 Reduxの実践    1 Reactコンポーネントとの接続    2 Middleware    3 Storeを元にしたUI制御 4 非同期処理    1 Reduxにおける遅延処理    2 redux-thunk    3 redux-saga    [コラム]Error Boundary Chapter 8 プロダクトの品質 1 品質の維持    1 プロダクトの品質    2 品質維持の必要性    3 品質維持のポイント 2 コンポーネントのテスト    1 テストフレームワーク    2 Reactコンポーネントのテスト    3 enzyme    4 enzymeのレンダリング処理 3 Lint    1 ESLint    2 ESLintのセットアップ    3 Rule    4 stylelint 4 flow    1 型の恩恵    2 flow    3 flowの実践    4 型指定の応用と型定義 5 スタイルガイド    1 スタイルガイドの必要性    2 Storybook    3 Storybookのセットアップ    4 ストーリーファイルの作成    5 アドオン
著者石橋啓太
出版日2018-03
ページ数336
出版社マイナビ出版

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
71
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

この本に関するツイートの直近データ

お気に入り総数0
リツイート総数0
※ぬこぷろでは本に関する直近のツイートを1つ1つ分析して、お気に入りやリツイートの総数を算出しています。

他の分野での評価

React Native」での評価

順位5
総合点2
Googleの検索結果での点数1
twitterでの点数1

Next.js」での評価

順位6
総合点9
Googleの検索結果での点数8
twitterでの点数1