Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

Pythonリバースエンジニアリングバイブル = Reverse Engineering Bible : コード再創造の美学の評価
データ更新日:2020-09-13

Python分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位26
総合点2
Qiitaの記事での点数1
twitterでの点数1

基本情報

内容リバースエンジニアリング(Reverse Engineering)とは、完成された製品から、製造方法・動作原理・設計図・ソースコード等を調査することだ。本書は、ソフトウェアのリバースエンジニアリングについて詳細に解説する。
目次第1部 リバースエンジニアリングの基礎(リバースエンジニアリングのためだけのアセンブラ C言語の文法と逆アセンブル ほか) 第2部 リバースエンジニアリング中級(PEヘッダー よく使われるパターン ほか) 第3部 演算ルーチンのリバーシング(シリアルキー抽出法 コードフェイキング) 第4部 アンチリバースエンジニアリング(教科書的なアンチデバッグ ハイレベルなアンチデバッグ ほか) 第5部 一段階高いレベルのバイナリ作り(コードフック コードパッチング ほか)
著者姜秉卓
出版日2013-09-21
ページ数391
出版社インプレスジャパン : インプレスコミュニケーションズ

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
初心者から data scientist・AI engineer になるための勉強法&おすすめサイト・本を一つの記事にまとめたかった66

他の分野での評価

AI」での評価

順位19
総合点2
Qiitaの記事での点数1
twitterでの点数1