PythonUNIXシェルスクリプト マスターピース132の評価
データ更新日:2020-12-22

Python分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数
  • ・「初心者」や「入門書」など特定のキーワードとコンテンツ(例えばQiitaの記事)の関連性

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位12
総合点2
Qiitaの記事での点数1
Twitterでの点数1

過去の順位の推移

グラフについて

  • ・グラフのデータはぬこぷろで計測した、最大で過去5回分を表示しています。
  • ・「順位」について、次の2点の場合は圏外扱いとしてグラフ上には表示しません。なので、グラフ上では途切れた線が表示されることもあります。
    ①ぬこぷろが書籍の点数を計算する際、点数化の元となる最新のメディア(Qiitaの記事など)に書籍の情報が掲載されていなかった場合。ぬこぷろは最新のメディア情報を収集して書籍の点数を計算するため、過去点数計算した際にその書籍がメディアに掲載されていても、点数計算時にぬこぷろが収集したメディアに書籍情報がなければ圏外扱いとなります。
    ②順位が30位を下回った場合。
  • ・「総合点」が0点なのは上記「順位」の圏外扱いの①とと同様に、ぬこぷろが書籍の点数を計算する際、点数化の元となる最新のメディア(Qiitaの記事など)に書籍の情報が掲載されていなかった場合となります。

基本情報

ISBN-139784797377620
内容サーバー管理、ネットワーク管理など、現場で使えるテクニックを豊富にちりばめたシェルスクリプトサンプル集の決定版。知りたいことがきっと見つかる秘密の道具箱。Linux、FreeBSD、MacOS対応。
目次CHAPTER01 ユーザインタフェース 001 コマンドオプションの処理をする 002 キーボードからCtrl+C入力されたときに、現在の状態を出力してから終了する 003 キーボードからユーザのキー入力を取得して、変数の値として利用する 004 パスワード入力の際に、ユーザのキー入力を表示しないようにする 005ユーザのキー入力を1文字だけ取得する(入力時にEnterキーを不要にする) ・・・ CHAPTER02 変換処理 011 実行時に変数の値が空のときは、デフォルト定義した値を設定する 012 関数の中でローカル変数を定義して、 呼び出し元の変数を破壊しないようにする 013 読み込んだHTMLファイルから特定の属性値を取得する 014 値が整数であることをチェックしてから計算を行う 015 シングルクオートの中でシングルクオートを使う 016 変数や関数を外部ファイルに記述する ・・・ CHAPTER03 ファイル処理 023 絶対パスで起動されても相対パスで起動されても、同じ動作をできるようにする 024 コマンドの使い方を表示する際に、現在の自分自身のファイル名を使って例示する 025 ディレクトリ移動した後に簡単に元の場所に戻る 026 ディレクトリ内のファイル数・ディレクトリ数を調べる 027 ファイルの中身を消去して、ゼロバイトの空ファイルにする 028 新規ファイルを作らずに、すでにあるファイルのみファイル更新日を変更する 029複数HTMLファイルからtitleタグ部分のみを抜き出して、それぞれ別ファイルへ出力する 030 あるディレクトリ内の、n日前からm日前までに更新されたファイル一覧を取得する 031 作業ファイルディレクトリから、1年以上更新のないファイルを削除する 032 大量のログファイルがあるディレクトリ内のファイルに一括したコマンドを実施する 033 ファイルをバックアップする際にファイル名に日時を入れる 034 ファイル群を別ディレクトリに同期するバックアップ処理を行う ・・・ CHAPTER05 ネットワーク 055 デフォルトゲートウェイにpingが通るかテストする(Linux) 056 デフォルトゲートウェイにpingが通るかテストする(FreeBSD/Mac) 057 pingで特定ホストへの応答平均時間を取得する 058 arpテーブルから指定IPアドレスに対応するMACアドレスを表示する 059 ホスト名からIPアドレスを取得する 060 IPアドレスからホスト名を逆引きする 061 あるサーバの特定ポートへ通信できるかのチェックスクリプト ・・・ CHAPTER06 テキスト処理 068 IDが書かれたリストファイルからID抽出をする際、IDの末尾文字(下1桁)でソートして取り出す 069 テキストファイルから区切り文字を指定してカラムを取り出す 070 ファイル先頭のシバン (#!/bin/shなど)を抽出し、スクリプトに応じた拡張子を付加する 071 入力ファイルのハッシュ値を、各行ごとに追加カラムとして出力する 072 CSVファイルから、指定した特定レコードのカラムの値を得る 073 CSVファイルにIDリストを入力して、対応するIDのカラム値を得る 074 数値データの書かれたCSVファイルから平均値を計算する 075 数値データ(CSVファイル)から、"*"を利用して簡単なテキストグラフを出力する ・・・ HAPTER07 コマンド処理 086 関数やif文内などでヒアドキュメントを使う際、ベタ書きせずに行頭にタブを入れて見やすくする 087 スクリプト実行中にシグナルを受け取って、現在の実行状態を出力する 088 HUPシグナルを受け取って、実行中に設定ファイルを読み込みなおす 089 異常終了してもゴミが残らないよう、終了前に作業ファイルを消去して後始末を行う 090 常に指定した環境変数を設定してコマンドを実行したい際の、ラッパースクリプトを作成する 091 scpでファイル転送を行ってCPU利用率を計算し、圧縮処理をすべきかどうか判断する ・・・ CHAPTER08 制御構文のサンプル 098 変数を埋め込んだIPアドレスのリストファイルを読み込み、pingコマンドで疎通をチェックする 099 連番のファイル名を持つURLを自動生成して、順にダウンロードする 100 強制終了されるまでファイルのダウンロードを繰り返し、通信チェックを行う 101 IDカラムに"00001"などゼロ詰めで書かれたCSVファイルから、番号を指定して値を抽出する ・・・ CHAPTER09 サーバ管理 104 サーバのネットワークインタフェースとそのIPアドレス一覧を取得する 105 サーバに作成済みのユーザアカウント一覧を取得する 106 許可したユーザのみスクリプトを実行可能とする 107 システムのシャットダウンを行う 108 ファイル名から、インストールされたRPMパッケージ名を調べる 109 RPMパッケージ名を記述したリストファイルから、それぞれのパッケージがインストール・更新された日付を調べる 110 サーバ構築のパッケージリストをシェルスクリプトの形で管理する ・・・
著者
出版日
出版社SBクリエイティブ
データ提供元openBD, 国立国会図書館書誌データ
※この書籍はopenBDより取得したデータを元に、国立国会図書館書誌データを補完して掲載しています。