Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

Pythonプログラミングのための線形代数の評価
データ更新日:2020-09-13

Python分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位20
総合点8
Qiitaの記事での点数7
twitterでの点数1

基本情報

内容ベクトルや行列を扱う線形代数は、CGをはじめとする画像処理プログラミングだけでなく、構造化されたデータを扱うすべての処理の背景となる学問。しかし、抽象的で難解という側面もあり、独学で数学の教科書を紐解くのは困難である。本書は、プログラミングをする人たちに的を絞った構成で、線形代数とそのコンピュータサイエンスにおける応用をわかりやすく説明するもの。
目次第0章 動機 第1章 ベクトル・行列・行列式-「空間」で発想しよう 第2章 ランク・逆行列・一次方程式-結果から原因を求める 第3章 コンピュータでの計算(1)-LU分解で行こう 第4章 固有値・対角化・Jordan標準形-暴走の危険があるかを判断 第5章 コンピュータでの計算(2)-固有値算法 付録(ギリシャ文字 複素数 基底に関する補足 微分方程式の解法 内積と対称行列・直交行列 アニメーションプログラムの使い方)
著者平岡和幸, 堀玄
出版日2004-10
ページ数355
出版社オーム社

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
ディープラーニングに入門するためのリソース集と学習法(2018年版)1333
初心者から data scientist・AI engineer になるための勉強法&おすすめサイト・本を一つの記事にまとめたかった66
【書籍まとめ】データサイエンス初心者が1年間で読んだ本33

他の分野での評価

AI」での評価

順位19
総合点2
Qiitaの記事での点数1
twitterでの点数1