Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

Python世界標準MIT教科書 ストラング:線形代数イントロダクションの評価
データ更新日:2020-09-13

Python分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位26
総合点2
Qiitaの記事での点数1
twitterでの点数1

基本情報

内容大きな支持を得て世界中の大学で教科書として活用されているMITの名物博士ストラング先生の線形代数入門書の邦訳である。初歩からはじめ、多くの演習問題を解きながら線形代数の本質の理解へと進めていく。後半では、線形代数の工学的側面にかかわる課題を、具体的な応用事例とその演習問題を解くことにより深く学べる。 【目次】 第1章 ベクトル入門 第2章 線形方程式の解法 第3章 ベクトル空間と部分空間 第4章 直交性 第5章 行列式 第6章 固有値と固有ベクトル 第7章 線形変換 第8章 応用 第9章 数値線形代数 第10章 複素ベクトルと行列
目次1. ベクトル入門 2. 1次方程式の解法 3. ベクトル空間と部分空間 4. 直交性 5. 行列式 6. 固有値と固有値ベクトル 7. 線形変換 8. 応用 9. 数値線形代数 10. 複素ベクトルと行列
著者ストラング ギルバート
出版日2015-12-31
ページ数625
出版社近代科学社

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
[Pythonによる科学・技術計算]べき乗法による行列の固有値問題の数値解法,数値線形代数21