Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

Next.jsWebデベッパーのためのReact開発入門 : JavaScript UIライブラリの基本と活用の評価
データ更新日:2020-11-21

Next.js分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位5
総合点11
Googleの検索結果での点数10
twitterでの点数1

基本情報

内容Reactのコンセプト、コンポーネント、JSX、活用テクニック、一歩進んだ使い方を解説! Reactは、Webアプリケーションにおいて、ユーザーインターフェース(UI)を構築するためのJavaScriptライブラリ。Facebook/Instagram社が中心となって、オープンソースとして開発・保守されています。Reactを使えば、プログラムの保守・再利用が容易になると同時に比較的高速な動作を実現できます。 本書ではこれらの特長を概観したあと、開発の基本、一歩進んだ使い方などを解説します。HelloWorldや小さめのサンプルからはじめることで、初歩のレベルから着実に理解できるようにしました。これからReactによる開発を学ぼうとする方にとって最適な実践的入門書です。 発行:インプレス
目次1 Reactとは?(Reactの概要と特長 Reactを使うために必要な準備 ほか) 2 Reactのコンポーネント(コンポーネント定義の基本 内容が変化するコンポーネント ほか) 3 JSXの基本(JSXの概要とメリット JSXの中で使うJavaScript ほか) 4 Reactを使いこなす(Reactで使うフォーム フォームのサブミットとバリデーション ほか) 5 Reactの一歩進んだ使い方(アドオンによる機能拡張 アニメーションの基本テクニック ほか)
著者柴田 文彦
出版日2016-11-25
ページ数240
出版社インプレス

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
71
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

他の分野での評価

React」での評価

順位5
総合点9
Googleの検索結果での点数8
twitterでの点数1

React Native」での評価

順位5
総合点2
Googleの検索結果での点数1
twitterでの点数1