Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

KotlinKotlinイン・アクションの評価
データ更新日:2020-09-13

Kotlin分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位2
総合点94
Googleの検索結果での点数64
Qiitaの記事での点数25
twitterでの点数5

基本情報

内容Kotlinの開発者が全てのJavaディベロッパーに向けて、その導入から高度な利用法まで、徹底解説!
目次前書き(Andrey Breslav)  序文  謝辞  監訳者前書き  本書について  著者について/表紙のイラストについて 第1部 Kotlinを知る  第1章 Kotlinとは何か? なぜ使うのか?   1.1 Kotlinの味見   1.2 Kotlinの重要な特徴   1.3 Kotlinのアプリケーション   1.4 Kotlinの哲学   1.5 Kotlin のツールを使う   1.6 まとめ  第2章 Kotlinの基本   2.1 基本要素:関数と変数   2.2 クラスとプロパティ   2.3 選択肢を表現し、処理する:enumとwhen   2.4 繰り返しの処理:whileとforのループ   2.5 Kotlinにおける例外処理   2.6 まとめ  第3章 関数の定義と呼び出し   3.1 Kotlinにおけるコレクションの生成   3.2 関数呼び出しを簡単にする   3.3 他人のクラスにメソッドを追加する:拡張関数と拡張プロパティ   3.4 コレクションを扱う:可変長引数、中置呼び出し、ライブラリのサポート   3.5 文字列と正規表現を扱う   3.6 コードを整理する:ローカル関数と拡張   3.7 まとめ  第4章 クラス、オブジェクト、インターフェイス   4.1 クラス階層の定義   4.2 非自明なコンストラクタやプロパティを持つクラスの宣言   4.3 コンパイラに生成されるメソッド:データクラスとクラス委譲   4.4 objectキーワード:クラスの宣言とインスタンスの生成の組み合わせ   4.5 まとめ  第5章 ラムダを使ったプログラミング   5.1 ラムダ式とメンバ参照   5.2 コレクション操作のための関数型API   5.3 遅延コレクション操作:シーケンス   5.4 Javaの関数型インターフェイスの使用   5.5 レシーバ付きラムダ:withとapply   5.6 まとめ  第6章 Kotlinの型システム   6.1 null許容性の区別   6.2 プリミティブ型と基本的な型   6.3 コレクションと配列   6.4 まとめ 第2部 Kotlinを愛でる  第7章 演算子オーバーロードとその他の変換の規約   7.1 算術演算子のオーバーロード   7.2 比較演算子のオーバーロード   7.3 コレクションやレンジに使われる規約   7.4 分解宣言とcomponent関数   7.5 アクセサロジックの再利用:委譲プロパティ   7.6 まとめ  第8章 高階関数:引数と戻り値としてのラムダ   8.1 高階関数の宣言   8.2 インライン関数:ラムダのオーバーヘッドを取り除く   8.3 高階関数における制御フロー   8.4 まとめ  第9章 ジェネリクス   9.1 ジェネリック型パラメータ   9.2 実行時のジェネリクス:型消去と具象型パラメータ   9.3 変位:ジェネリクスとサブタイプ   9.4 まとめ  第10章 アノテーションとリフレクション   10.1 アノテーションの適用と定義   10.2 リフレクション:実行時にKotlinオブジェクトのプロパティ情報を取得する   10.3 まとめ  第11章 DSLの作成  11.1 APIからDSLへ  11.2 構造化されたAPIを構築する:DSLにおけるレシーバ付きラムダ  11.3 invoke規約による柔軟なブロックのネスト  11.4 実際のKotlin DSL  11.5 まとめ Appendix  付録A Kotlinプロジェクトのビルド   A.1 Gradleを使ってKotlinコードをビルドする   A.2 Mavenを使ってKotlinプロジェクトをビルドする   A.3 Antを使ってKotlinコードをビルドする  付録B Kotlinコードをドキュメント化する   B.1 Kotlinのドキュメンテーションコメントを書く   B.2 APIドキュメントの生成  付録C Kotlin のエコシステム   C.1 テスト   C.2 依存性の注入   C.3 JSONによるシリアライズ   C.4 HTTPクライアント   C.5 Webアプリケーション   C.6 データベース接続   C.7 ユーティリティやデータ構造   C.8 デスクトッププログラミング  監訳者プロフィール
著者Dmitry Jemerov, Svetlana Isakova
出版日2017-10
ページ数439
出版社マイナビ出版

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
31
51
62
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
技術書を翻訳する技術91
[Android] Google Playにアプリをリリースするまでにやったこと7