Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

Apacheプログラミング言語C ANSI規格準拠の評価
データ更新日:2020-10-03

Apache分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位6
総合点2
Googleの検索結果での点数1
twitterでの点数1

基本情報

内容1988年末に提出された、アメリカのANSI標準規格により定義されたCについて述べる。尚本書は第2版の訳書として1989年に出されたものの訂正版。 ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 本書は、アメリカの標準規格として1988年末に提出されたC言語のANSI規格にもとづいて第1版を全面的に書き直した新版である。ごく常識的に言えば、C言語はリッチー博士がベル研で1973年に開発して以来、多くのプログラマに使われているから、その仕様変更はちょっと不可能ということになるが、アメリカはあえて、そのCの仕様変更・機能拡張をやってのけた。これでCが近代的なプログラミング言語としてよみがえったのだからすばらしい。 本書の付録Cの要約でもわかる通り、ANSI規格による変更(機能拡張)はそう大幅なものではないが、重要な改良点を多く含んでいる。Cによるプログラミングは、これまで自由度がありすぎて危険だとよくいわれてきたが、ANSIによって改良された結果、Cによるプログラミングの安全性は大いに向上した。これでCの寿命は一段と長くなり、Cは今後ますます広く使われることになるであろう。
目次第1章 やさしい入門 第2章 データ型・演算子・式 第3章 制御の流れ 第4章 関数とプログラム構造 第5章 ポインタと配列 第6章 構造体 第7章 入出力 第8章 UNIXシステム・インタフェース
著者B.W.カーニハン, D.M.リッチー
出版日2018-06-01
ページ数360
出版社共立

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
81
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
C言語の勉強がてら、CASL II処理システムを実装した話17

この本に関するツイートの直近データ

お気に入り総数0
リツイート総数0
※ぬこぷろでは本に関する直近のツイートを1つ1つ分析して、お気に入りやリツイートの総数を算出しています。

他の分野での評価

C」での評価

順位11
総合点4
Qiitaの記事での点数3
twitterでの点数1