Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

AngularAngularによるモダンWeb開発 基礎編 第2版の評価
データ更新日:2020-11-21

Angular分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位7
総合点35
Googleの検索結果での点数16
twitterでの点数19

基本情報

内容本書は2017年1月発行の「Angular2によるモダンWeb開発」の改訂版です。初版発行からわずか2年の間にAngularはバージョン2からバージョン7まで進化し、国内において大規模な「SPA(Single Page Application)」の開発フレームワークに次々と採用されるようになりました。また、Googleが提唱する「PWA(Progressive Web Application)」にバージョン5から対応し、実装手順が簡潔になりました。PWAは高速レスポンス、オフライン利用などの機能を実現し、インストールが必要なアプリの置き換えの可能性を秘めています。Angularに欠けていた主要機能であるUIライブラリMaterial2もリリースされました。改訂版は、これらの変化へ対応して内容を全面的に書き換えました。 変化の後追いだけでなく、今後を見越したテーマも盛り込んでいます。ブラウザへ分散処理を進めていくと、サーバーに頼らないオフラインの動作、さらに進むとブラウザがサーバーの役割を行い、ほかのユーザーへデータを配信したり、サーバーのデータを更新するようになります。ここまで進化すると、ブラウザにもサーバーと同じようにデータベースが必要になります。本書では、サーバーとフロントエンドのデバイスが相互にデータ同期を行う分散データベースを実装したサンプルアプリを解説します。
目次第1章 変革がはじまったWeb開発 第2章 Angularアプリ開発の基礎知識 第3章 PWA実装の基礎 第4章 AngularによるPWA開発(1) マルチタイマーアプリの作成 第5章 AngularによるPWA開発(2) 分散DBを活用した観光情報検索アプリの作成
著者末次章
出版日2019-02
ページ数381
出版社日経BP

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
21
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。