Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

AIAI vs. 教科書が読めない子どもたちの評価
データ更新日:2020-09-13

AI分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位4
総合点30
Googleの検索結果での点数27
Qiitaの記事での点数2
twitterでの点数1

基本情報

内容AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。
目次はじめに 第1章  MARCHに合格――AIはライバル AIとシンギュラリティ 偏差値57.1 AI進化の歴史 YOLOの衝撃--画像認識の最先端 ワトソンの活躍 東ロボくんの戦略 AIが仕事を奪う    第2章 桜散る――シンギュラリティはSF 読解力と常識の壁――詰め込み教育の失敗 意味が理解しないAI Siri(シリ)は賢者か? 奇妙なピアノ曲 機械翻訳 シンギュラリティは到来しない 第3章 教科書が読めない――全国読解力調査 人間は「AIにできない仕事」ができるか? 数学ができないのか、問題文を理解していないのか?--大学生数学基本調査 全国2万5000人の基礎的読解力を調査 3人に1人が、簡単な文章が読めない 偏差値と読解力 第4章 最悪のシナリオ AIに分断されるホワイトカラー 企業が消えていく そして、AI世界恐慌がやってくる おわりに
著者新井 紀子
出版日2018-02-02
ページ数288
出版社東洋経済新報社

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
11
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
文系出身が入社3ヶ月で G 検定に合格した話116