Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

AI主体性は教えられるかの評価
データ更新日:2020-09-13

AI分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位19
総合点2
Qiitaの記事での点数1
twitterでの点数1

基本情報

内容上司や指導医に指示されたことはソツなくこなすのに、主体的に行動することが苦手な医学生や研修医。彼らはなぜ自分の頭で考えられないのか。そもそも日本の学校教育が、個人の主体性を涵養するように出来ていないのではないか。本書では、医学教育をケーススタディとして現状を精査、具体的な改善案を提示しながら、主体的に生きるとはどういうことか、主体性を教えることは可能なのかという問いを考える。
目次第1章 主体性が不可欠な医療現場 第2章 主体性を涵養しない教育制度 第3章 医学教育の迷走 第4章 医学生たちとの対話 第5章 主体性とは何だろうか 終章 サッカー日本代表チームの成熟と主体性の変遷
著者岩田健太郎
出版日2012-03
ページ数237
出版社筑摩書房

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
特許SDI用AI: 複数の自然言語深層学習モデルにおいて見られた個性とその解釈(BERT,SHAP,Retrofitting?,排他的論理和XORなど)、および認知的観点に基づく知識構造の多様性を評価した価値共創の展望と、創造性8