Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

AIAI白書 2019の評価
データ更新日:2020-09-13

AI分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位16
総合点5
Qiitaの記事での点数4
twitterでの点数1

基本情報

内容日本での人工知能の社会実装は間に合うのか?
目次▼最新技術から利用動向、制度や政策まで、関連する話題を網羅 本白書は、大きく5つの章から構成されます。 □第1章 AIが壊すもの、創るもの  ・対談 冨山和彦(経営共創基盤CEO)×中島秀之(本誌編集委員長)  ・対談 尾原和啓(ITジャーナリスト)×松尾 豊(本誌編集委員) □第2章 技術動向  ・ディープラーニング、自然言語処理、身体性とロボティクス等 □第3章 利用動向  ・国内、海外の利用動向、AI市場規模 □特集 データで見る中国のAI動向 □資料 企業におけるAI利用動向アンケート調査 □第4章 制度政策動向  ・知的財産、AIに関する原則、ガイドライン、国内外の政策動向等 □第5章 AIの社会実装課題と対策  ・社会実装に係る課題調査、社会実装推進の方向性等
著者情報処理推進機構AI白書編集委員会
出版日2018-12
ページ数496
出版社角川アスキー総合研究所

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
101
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
文系出身が入社3ヶ月で G 検定に合格した話116
ディープラーニング協会G検定の勉強方法(初心者向け)【2020年版】16
[レベル低め]機械学習・ディープラーニング入門者がG検定を受けてみた5