Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

データベース図解入門よくわかる最新 Oracleデータベースの基本と仕組み[第5版]の評価
データ更新日:2020-11-19

データベース分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位13
総合点5
Googleの検索結果での点数4
twitterでの点数1

基本情報

内容Sler&情シスのためのOracle19c入門。シェアNo.1を誇るRDBMSのアーキテクチャを解説!
目次第Ⅰ部 オラクル社とデータベース  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 第1章 データベースと言えば、やっぱりOracle  1-1 Oracle Databaseの歴史  1-2 オラクル社の製品構成  1-3 Oracle Databaseの特徴  1-4 Oracle Database 10g/11g  1-5 Oracle Database 12c  1-6 Oracle Database 18c  1-7 Oracle Database 19c  1-8 旧バージョンからのアップグレード 第Ⅱ部 データベースの基礎知識  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 第2章 データベースの仕組み  2-1 データベースとは  2-2 データベースの種類  2-3 リレーショナルデータベース  2-4 SQL 第3章 メモリ構造とプロセスの仕組み  3-1 インスタンス  3-2 システムグローバル領域(SGA)  3-3 プログラムグローバル領域(PGA)  3-4 プロセス 第4章 ユーザーと権限の仕組み  4-1 ユーザー  4-2 スキーマ  4-3 権限  4-4 ロール  4-5 特殊なシステム権限  4-6 Oracle Database Vault 第5章 データベースオブジェクトの仕組み  5-1 表  5-2 索引  5-3 ビュー  5-4 順序  5-5 シノニム  5-6 ストアドプログラム  5-7 制約 第6章 データベース構造と領域管理の仕組み  6-1 論理構造と物理構造  6-2 論理構造(1) スキーマオブジェクト  6-3 論理構造(2) データブロック、エクステント、セグメント  6-4 論理構造(3) 表領域  6-5 物理構造(1) データファイル  6-6 物理構造(2) REDOログファイル  6-7 物理構造(3) 制御ファイル  6-8 Oracle Managed Files(OMF)  6-9 Automatic Storage Management(ASM)  6-10 データディクショナリ  6-11 マルチテナントアーキテクチャ 第7章 ネットワークの仕組み  7-1 クライアント/サーバーアーキテクチャ  7-2 n層アーキテクチャ  7-3 Oracle Net Services  7-4 ネーミングメソッド  7-5 Database Resident Connection Pooling(DRCP)  7-6 Oracle Instant Client 第Ⅲ部 データベースの運用と管理  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 第8章 セキュリティとデータ保護の仕組み  8-1 トランザクション  8-2 ロック  8-3 読み取り一貫性  8-4 分離レベル  8-5 認証  8-6 監査  8-7 暗号化  8-8 セキュリティに関連する初期化パラメータ 第9章 フラッシュバック機能の仕組み  9-1 Flashback Query  9-2 Flashback Database  9-3 Flashback TableとFlashback Drop  9-4 Flashback Archive 第10章 高可用性の仕組み  10-1 Oracle Clusterware  10-2 Real Application Clusters(RAC)  10-3 Oracle Data Guard  10-4 障害管理  10-5 高可用性を実現するその他の機能 第11章 自動管理機能の仕組み  11-1 管理性モニタープロセス(MMON)  11-2 Automatic Database Diagnostic Monitor(ADDM)  11-3 共有メモリとUNDO表領域の自動管理  11-4 ディスクの自動管理  11-5 Automatic Indexing 第12章 分散データベースアーキテクチャの仕組み  12-1 分散データベースシステム  12-2 データベースリンク  12-3 分散トランザクション  12-4 マテリアライズド・ビュー  12-5 アドバンスト・キューイング(AQ)  12-6 Oracle GoldenGate 第13章 運用と管理の手順とツール  13-1 Database Configuration Assistant(DBCA)  13-2 Oracle Enterprise Manager (OEM)  13-3 コマンドラインユーティリティ  13-4 バックアップとリカバリ  13-5 Recovery Manager(RMAN)  13-6 Data Pump Export/ImportとSQL*Loader 第14章 SQL*PlusとSQL Developer  14-1 SQL*Plus  14-2 SQL Developer 第15章 アプリケーション開発  15-1 SQLによるデータ操作  15-2 PL/SQL  15-3 Javaのサポート  15-4 オブジェクトの格納  15-5 XMLのサポート  15-6 .NET/Windowsでの利用  15-7 Oracle Application Express(APEX)  15-8 SQLアプリケーションのテストツール  15-9 Oracleと文字コード 第16章 ビッグデータへの対応  16-1 パーティション  16-2 データ圧縮  16-3 パラレル処理  16-4 Enterprise Analystic OptionとOLAP Option  16-5 Oracle NoSQL Database 巻末資料  APPENDIX 1 Oracle Unbreakable Linux(UBL)  APPENDIX 2 Oracle Cloud
著者水田巴
出版日2019-10
ページ数391
出版社秀和システム

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
31
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。