Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

データベースはじめての設計をやり抜くための本 : 概念モデリングからアプリケーション、データベース、アーキテクチャの設計までの評価
データ更新日:2020-11-19

データベース分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位13
総合点5
Googleの検索結果での点数4
twitterでの点数1

基本情報

内容本書は、システム開発における設計の解説書です。若手のエンジニアがシステムの設計を「はじめてやり抜く」ために必要なノウハウを紹介します。プログラミングの仕事をひと通りマスターし、その前工程である設計に挑戦しようとする場合、乗り越えなければならないいくつかの壁があります。アプリケーション設計をどうするのか、データベース設計をどうするのか、画面・帳票設計をどうするのか、外部システムとの接続方式をどうするのか、アーキテクチャ設計をどうするのか―本書では、こうした知識を豊富な事例を示しながら解説することで、はじめての設計を無事にやり遂げ、ソフトウェアアーキテクトとして活躍するための実務的なノウハウを提供します。
目次導入編(はじめての設計をやり抜くために) 設計編(設計の目的 外部設計の手法 内部設計の手法) アーキテクチャ編(アーキテクチャの目的 アーキテクチャ設計のアプローチ 本当に設計は必要か)
著者吉原庄三郎
出版日2008-12
ページ数327
出版社翔泳社

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
31
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。