Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

クラウドクラウドネイティブ・アーキテクチャ 可用性と費用対効果を極める次世代設計の原則の評価
データ更新日:2020-11-19

クラウド分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位7
総合点9
Googleの検索結果での点数3
Qiitaの記事での点数5
twitterでの点数1

基本情報

内容クラウドの活用ステージをレベルアップ! シンプルな移行からクラウドネイティブへ。クラウドの潜在能力を存分に引き出す! ― ITリソースをクラウドネイティブに移行すると、コストの削減、パフォーマンスの向上、リソースの効率的な活用、スケーラビリティの向上といった、さまざまなメリットを享受できます。さらには、クラウドベンダーによるITイノベーションを容易に活用できるようになり、ユーザーのシステムは飛躍的に進化する機会を得ます。本書は、技術面だけではなく、事業や組織との関係性にも踏み込み、シンプルな移行からクラウド活用の成熟化へと道筋をつける、格好の一冊となっています。※本書は『Cloud Native Architectures: Design high-availability and cost-effective applications for the cloud』の翻訳書です。 発行:インプレス
著者Tom Laszewski, Kamal Arora, Erik Farr, Piyum Zonooz, 株式会社トップスタジオ
出版日2019-11-08
ページ数344
出版社インプレス

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
21
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。

本を紹介しているQiitaの記事

記事名いいね数
SREやクラウドエンジニアが読むと良さげな本まとめ1063

他の分野での評価

Linux」での評価

順位16
総合点3
Qiitaの記事での点数2
twitterでの点数1

AWS」での評価

順位12
総合点4
Qiitaの記事での点数3
twitterでの点数1