Copyright © 2020 ぬこぷろ
All Rights Reserved

クラウド絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組みの評価
データ更新日:2020-11-19

クラウド分野での評価

書籍の評価について

簡単に次のような指標から評価を計算しています。

  • ・書籍が紹介されているQiita記事のいいね数と更新日
  • ・書籍が紹介されているサイトのGoogleでの検索順位
  • ・Twitterで書籍に関する最新ツイートのいいね数とリツイート数

詳細な評価の計算方法については下記をご覧ください。

書籍の評価について

順位10
総合点4
Googleの検索結果での点数3
twitterでの点数1

基本情報

内容特定のサービスに依存しないクラウドの本質を理解する! 昨今、システム開発において「クラウドファースト」という言葉が浸透し、ITシステムを構築するときにクラウドを使うケースが増えてきています。 本書では、主にIaaS(インフラサービス)を中心としたクラウドを使ったシステム構築を想定し、クラウドインフラ構築に携わるエンジニアが知っておきたい知識――クラウド共通の機能や内部構成、アーキテクチャなど――について解説します。 クラウドでのインフラ管理の最大の特徴は“インフラをAPIで制御できること”、これによって従来の環境ではできなかった構築と運用が可能です。本書では、はじめに各種クラウドの概要と提供コンポーネント、その重要な構成技術であるAPIの仕組みといった基礎的な知識を理解します。その後、サーバ、ストレージ、ネットワークの各コンポーネントがどのようなアーキテクチャか、そしてクラウドAPIによってどのように制御されているかを解説し、クラウドサービスの内部構成にも触れていきます。また、環境管理、API、認証、DNSを深堀し、これらを駆使したクラウドならではの考え方についても解説するほか、クラウドを基盤とした新しい「クラウドネイティブ」なインフラ管理手法であるInfrastructure as CodeやImmutable Infrastructureについても取り上げます。 クラウドインフラの仕組みや動作原理を知りたい、あるいはこれからクラウドを使ったシステム構築に携わる方など、特定のクラウドサービスに依存しないクラウドの本質を学びたいエンジニアにおすすめの一冊です。
目次第1章 クラウドコンピューティングにおけるAPIの役割 第2章 クラウドの代表的コンポーネント 第3章 クラウドを制御するAPIの仕組み 第4章 IT インフラの進化とAPIの考え方 第5章 サーバーリソース制御の仕組み 第6章 ブロックストレージリソース制御の仕組み 第7章 ネットワークリソース制御の仕組み 第8章 オーケストレーション(Infrastructure as Code) 第9章 認証とセキュリティ 第10章 オブジェクトストレージ制御の仕組み 第11章 マルチクラウド 第12章 Immutable Infrastructure
著者平山毅, 中島倫明, 中井悦司, 矢口悟志, 森山京平, 元木顕弘
出版日2016-02-18
ページ数376
出版社翔泳社

Google検索結果上位で紹介されているページ数

本を紹介しているページの順位ページ総数
41
※ぬこぷろでは様々な検索キーワードで計測しています。